スルーラ(妊活用善玉育菌サプリ)の口コミと効果!ベリー味の妊活サプリの効果って?

スルーラ 妊活用善玉育菌サプリ

赤ちゃんを望む女性にオススメな『スルーラ(妊活用善玉育菌サプリ)』がついに登場しました!

スルーラは、善玉菌を補ってカラダの中から改善してくれるサプリなので、腸内環境を整えることで妊活にアプローチできる優れものなのです♪

そこで『スルーラ』のオススメポイントをご紹介!是非楽しく妊活を始めましょう♪

■スルーラ公式ページ■

妊活を成功させるには腸内フローラを整える事が重要?

腸内フローラ

妊活には、栄養をしっかり吸収して授かる力を高める必要があり、その為にも腸内フローラを整え善玉菌を補う必要があるのです。

そこで、『スルーラ』には、「乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖」とそれぞれ異なる役割の成分を一緒に配合し、サポート!

さらに秘密兵器「乳酸菌生産物質」も配合!

乳酸菌生産物質とは、乳酸菌が作り出す成分のことで、腸内環境を善玉菌優勢へと導いてくれる役割があります。この成分が善玉菌を元気にしてくれるので、腸内環境が整い妊活をサポートしてくれるという事のようですね!

スルーラはコレだけじゃない!妊活中に嬉しい成分がたっぷり♪

天然型酵母葉酸100%「モノグルタミン酸型」配合!

成長をサポートするビタミンB群の1種の葉酸は、ママと赤ちゃんには欠かせない栄養素です。『スルーラ』は、厚生労働省も推奨するモノグルタミン酸型の葉酸を配合し妊活をサポートしてくれます。

もちろん、1日に必要な400μgを摂取出来るのでこれ1つでOK!

112種類の「スーパーフルーツ酵素」を配合!

ポリフェノールがたっぷりなマキベリーの他、スーパーフルーツや野菜、果物、野草など世界中から厳選した素材を使用しています。

さらに、消化・吸収をサポートする話題の酵素「ダイジェザイム」を配合!

しっかりと消化・吸収してくれるので、より効果が期待出来るでしょう♪

■スルーラ公式ページ■

スルーラの口コミで効果を検証してみましょう!

スルーラ 口コミ

安心して飲めました♪

妊活中から飲み始め、今では子供が2人いるママになりました。

妊活サプリはもともと他のものを飲んでいて、飲み忘れてしまったり飲む量も多かったので続かずだったのですが、『スルーラ』は1日2包なので手間がかからず美味しいので継続できました。

自然由来のものという点も気に入り飲み始めましたが、母乳の出がよくなったり疲れも取れやすいのでこれは必需品です。今3人目がお腹にいるので、これからも毎日飲みたいと思います。

やっと妊娠できました♪

私は5年間妊活をしていて何をしても出来ず悩んでいた時に、『スルーラ』に出会いました。

葉酸は血液の状態を整えてくれるので、大切な栄養素と思って他のサプリを毎日飲んではいたのですが、それでも妊娠出来ずもう諦めていた時に、最近出産した友人に教えてもらった『スルーラ』を飲んでみることにしました。

他のサプリとは違い、腸内環境を整える善玉菌も豊富で、普段足りていない栄養素も同時に取れたのが嬉しいポイント!さらに、自然の物から出来ているので体がどんどん元気になっていくようでした。そして、飲み始めて2ヶ月後!

実は私のお腹に赤ちゃんが♪妊娠していたのです!これは嬉しすぎて、タイミングだったのかもしれませんが、『スルーラ』に出会って良かったです♪

産後も続けています!

葉酸だけは摂っておいたほうが良い!と看護師の友人から念をおされ、妊娠前から摂ろうと、『スルーラ』を飲んでみました。

どうせ飲むなら美容や健康にも良いものが良いと思い、112種類の酵素が豊富に入っていたこれにしまいた。

実際に飲んでみると、栄養がきちんと摂取出来ていたおかげで、毎日体調が良く、妊娠が分かってからも何の問題もなくあっという間に出産しちゃいました。お医者さんからも、珍しいくらい健康です!と褒められたり、赤ちゃんも凄く健康に生まれてきてくれたので、これは飲んで正解でした。

さらに、産後も欠かさず飲んでいるのですが、明らかに母乳もスムーズで、良いことだらけで驚いています。妊活中や妊娠中の方は、絶対飲んだ方が良いと思います。

飲みやすいベリー味のサプリで楽しく妊活習慣を♪

日々大変な思いをしている女性も多いと思いますが、少しでも妊活がうまく行くようにまずはカラダの中から改善を目指してみてはいかがでしょうか?

『スルーラ』は1日2包を目安に、そのままでも、飲むものに溶かしても、ヨーグルトに混ぜても美味しく飲めちゃうので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

さらには、妊活以外でもお通じが良くなったり、化粧ノリが良くなったりと女性にとって嬉しい事だらけなので、是非お試し下さい♪

■スルーラ公式ページ■

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ