わたしのきまりの使い方は?簡単ケアで美髪を目指す方法があったんです♪

美髪を目指すには、まずは頭皮環境を整える事が大切なんです!

そこで今話題の泡立たないクリームシャンプー『わたしのきまり』で、頭皮も髪も健やかな環境へ整えてみませんか?

悩める頭皮のかゆみや気になるフケまでも解消サポートしてくれるので、念願のサラツヤ髪を目指せるんです♪

では試すからには効果的に実感したいので、『わたしのきまり』の正しい使い方やコツをご紹介してみたいと思います。

■わたしのきまり公式サイト■

わたしのきまりの正しい使い方!手軽ケア方法って?

『わたしのきまり』の特徴とされているのが、泡を立てずに超自然派クリームで髪を優しく洗う事!

この事で、頭皮や髪を摩擦で傷めないので理想のサラサラ髪を目指せるんです。

では、効果的なケア方法やコツを見てみましょう。

ステップ①すすぐ

頭皮と髪をぬるま湯でしっかりとすすぎます。

ココでゴシゴシと擦ったり、刺激を与えるような事は避けましょう。

ステップ②毛先に馴染ませる

『わたしのきまり』を手のひらに取り、毛先の中心によく馴染ませましょう。

使用量の目安

  • ショートヘア・・・ピンポン玉1個分
  • ミディアム・・・ピンポン玉2個分
  • ロングヘア・・・ピンポン玉3個分

ステップ③クリームを頭皮に馴染ませ洗い流す

生え際から頭頂部に向かって塗りこみ、クリームを頭皮に馴染ませながらマッサージをするよう髪を洗います。

コツとしては、指の腹で頭皮をマッサージするように頭皮と髪を洗う事!

髪全体をしっかりよくすすぎ、特に頭皮を念入りに洗うのがポイントです。

ケアはたったコレで終了です。

ポイントとしては、髪はとてもデリケートになりますのでゴシゴシと洗うだけでなく、トリートメントのように包み込むように頭皮や髪に馴染ませていくとより効果的だと思います。

そして『わたしのきまり』は、これ1本でシャンプー「洗う」、トリートメント「潤す」、コンディショナー「整える」の3役が叶うので、今までにないワンランク上の美髪ケアが出来るんですね♪

髪はシャンプー次第と言われていますが、もちろん正しい方法でケアする事が大前提になりますので、必ず優しいケアを心がける事をオススメします。

■わたしのきまり公式サイト■

わたしのきまりの口コミは?効果や評判を徹底検証♪

ハリが出て若返りました♪

最近、睡眠不足や偏った食生活をしていた結果、髪の毛にハリがなくなり、パサつきも目だってきたなと思っていました。

自分ではそこまで気にしていなかったのですが、先日同い年の友人5人で、食事をした際に、私だけ年上に見られることがあり、あまりにもショックでへこんでいました。

そんな時、友人に「髪の毛のツヤやハリは年齢に関係してくるからケアすれば?」と言われ、すぐにケアしなければと『わたしのきまり』を試してみる事に!

乾燥髪だった私の髪ですが、リンスいらずなのにパサツキもなくしっとりして、あっという間にコシのある美髪に生まれ変わったのです。もうこの効果は驚きですね♪

髪のゴワツキがなくなりました♪

もともと癖毛だった私は、常に髪がボサボサという印象になってしまう事が多く、もう諦めていました。そんな時、友人が『わたしのきまり』を試してオススメというのでまずは試してみました。

今なら、1,980円で注文できて送料も無料だったのですぐに注文して使用してみると、洗い上がりが抜群で、なによりクリームが気持ちいいからヤミツキに!

翌日セットしようとすると、今まで出会った事のないような指ざわりで、今まで癖毛で30分はセットしていた時間も、半分の15分に!

さらに、セットしてもボサボサのイメージだった印象もまとまりが出て、ヘアアレンジまで出来るようになりました。

プレゼントとして姉に購入!

今年、30歳になる姉に美容に気を使って欲しいという願いで『わたしのきまリ』をプレゼントする事に!

早速使ってもらうと、姉のテンションが凄くでビックリだったんです。

姉はボブくらいの髪の長さで、今までセットに時間がかかると言っていたのですが、このシャンプーを使い始めてから、まとまりが良くてビックリしたと、歓喜の電話がかかって来たのです。

コレで若返りを目指して欲しいですね♪

今なら初回1,980円!お得に初めての実感を味わってみませんか?

美髪を目指すには、正しいケアが最も重要です。

是非髪にも頭皮にも優しい『わたしのきまり』で、キレイな髪の毛を目指してみませんか?

ずっとストレスだったかゆみもフケも、トラブルの原因からケアしてくれるから、実感者続出中のケア商品のようですね!

憧れのサラサラ髪を目指して、簡単ケアを始めちゃいましょう♪

■わたしのきまり公式サイト■

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ